中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

子供と親の関係をボーと考える

6月19日の朝日新聞「折々のことば」から 「政治を笑い、宗教を笑うことができるのは、とても幸せな社会である」 日本は比較的近いところにいるが、政治に関しては笑いどころのないつまらぬ流れになりつつある。 宗教についても、関わりのない方々は他人事と…

責任

この記事は宗教抜きの話。 業務の中で、安全に関する取り決めを検討する会に所属している。 今年の4月から体制が変わり、安全に関する指針も見直すことになった。 その中で、これまで擁護されてきたうちの部署にもそれなりの規制がかかりそうな雰囲気になっ…

女神

先週の土曜日に、小学校の学校公開と幼稚園の父親参観があったため、月曜日が振替休日だった。土曜日が出勤だったため小学校の授業を10分だけ観て出社した。 その埋め合わせというわけではないが、19日(月曜日)の振替休日に、家族と上の息子の友達、そしてツ…

カタツムリの自由、ナメクジの自由

朝日新聞の木曜朝刊に、「福岡伸一の動的平衡」というコラムが掲載されている。 福岡伸一の動的平衡に関するトピックス:朝日新聞デジタル 6月16日の記事は「家を持つ自由 持たない自由」というタイトル。 家を持つのがよいか、賃貸住宅に住んで住み替えるの…

目的

自分の状況を再認識するため、この記事を書く。 今自分の生きる目的は何か 1:息子たちをJWの狭い世界から解放すること 2:現在の仕事をうまくこなして確実な収入を得ること 3:ごく狭い範囲でいいので自分の楽園を築くこと??? 4:どうでもいい小さなこと…

動いて、考えて、また動く

上の息子の小学校の教科書にあった文章。 元陸上選手の高野進氏の文で、いわゆる「試行錯誤」を小学生向けにやさしく書いたものだ。 息子の音読を聞きながら、大切なことだなあ、と思った。 さて、うちの息子たちは生き物が好きで、このところトカゲをつかま…

どうでもいいこと

抱きしめてほしい。無条件で。 紙様はいらない。妄想するのは◯慰だけで十分だ。 ただ、肌のぬくもりを感じたい、それだけ。 それだけと書いたけどとっても大切なもの。 いま自分にその相手がいない虚しさ。 風呂に入って酒を呑んだら虚しさが薄れた。 その程…

家族監視

以前の記事で、ツマがやけに子供たちにつきまとうようになったことを書いた。 そして自分はツマを連れてどこかに行こうという気がここ数年まったく起こらない。 ツマと出かけて「楽しい」だろうという想像ができないからだ。 子供たちが楽しむために出かけて…

あガナイ

僕は中学生になってすぐ心臓の病を患った。 お医者さんの話はすべて理解できたわけではなかったが、心臓にある弁がうまく機能しない病気らしい。 手術で治る確率は70%。うまく行かなかった場合、完治するには心臓移植が必要だそうな。 母親は毎日病院に来て…

登園拒否 4

下の息子の登園拒否ぎみは相変わらず。 先週は何日行ったのだろう。本人に聞くべくもなく、出席帳に貼られたシールを見てがっくりしたくもない。 ツマは幼稚園の月間予定を見えるところに貼っておかない(ファイルに入れたまま)。 横着な自分が悪いところもあ…

永遠の計算

ボーと思っていたことをちょいと書いておく。 JWの方々も、永遠ではちょっと長すぎるから、「永遠の十分の一でいい」なんて方がいるかもしれない。 ここで「永遠」というものを「無限の時間」と定義しておく(ここが間違い、ということであればご指摘ください…

おひさまみかんのたね

ある日の午後、アリサ夫人とお隣のメイ夫人がハルバード氏からお茶に誘われた。 「この前ジパングという国に旅行に行ってきてね。おいしいオレンジを土産に持ってきたんです。よろしかったら召し上がりませんか?」 「まあ、私オレンジに目がありませんの。…

子供のため、と口にはしないけど

ありがたいことにGW周辺でお休みをたくさんいただいたため、ブログの更新ができずにおりました。お休みの日は子供サービスデーなので、PCにあまり触れません。PCを使おうとすると、子供たちのゲームに奪われてしまうことがあるので、子供たちが別のことに気…

町田オフ会

基本的に飲むのが好きでして、怖いもの知らずの非信者が行ってきました町田オフ会。 もうね、十二使徒の皆様が優しかったんです。 自分達の過去と自分の息子たちの今を比較して、たくさんの助言をいただきました。 その中で圧倒的に多かったのは、 「どんな…

端午の節句

JWに影響された家族と暮らしていると、季節ごとのイベントに対して動きが鈍くなる。家族が無反応なため、時々「やっても無駄じゃないか」という思いが頭をもたげる。ただそれでは相手の思うツボ。子供たちの目に少しでも留まればいい。 孫の健やかな成長とい…

端午の節句

JWに影響された家族と暮らしていると、季節ごとのイベントに対して動きが鈍くなる。家族が無反応なため、時々「やっても無駄じゃないか」という思いが頭をもたげる。ただそれでは相手の思うツボ。子供たちの目に少しでも留まればいい。 孫の健やかな成長とい…

登園拒否 3

さて、下の息子は幼稚園に行ったり行かなかったり。 自分が何もしなければ、ツマは喜んで息子と過ごすだろう。それがいやで幼稚園に行ってもらおうとしているのに、当の息子は最近ツマ寄り。 昨日も朝は幼稚園に行く気だったようなので、登園時間ギリギリま…

ぼやき(アメブロへのリンクなし)

帰り道、自転車を漕ぎながらボーと思いついたことがあった。 「俺の原罪は『おまえと結婚したこと』だ」とツマに言ったらどんな反応をするだろうか・・・と。

登園拒否 2

始業式には行ってくれたんだ。 でも11日の火曜日、部屋に来た下の息子が 「きょうつかれてるからようちえんやすむー」と言ってきた。 よくない対応だったのだが、ちょっと怒ったような顔をして「つかれたじゃないでしょ。いきたくないんでしょ?」と問い詰め…

JWコミュニティの戦略

小学校が始まったばかりなので、上の息子は金曜日まで昼前に帰ってくる。 幼稚園も金曜日が始業式で、土日をはさんでしばらく午前保育となる。 春休みだけでは飽きたらず、ツマの趣味についていかざるを得ない息子たち。 まあその日息子たちが行ったのは、JW…

この記事はあえてアメブロにリンクを貼らない

本日は誕生日。3×2^4歳になった。 家族がお祝いをしないのはいつものことだが、日付が変わったと同時にいろいろなサイトから誕生祝いのメール(発信元は人に非ず)が来ると、余計に虚しさを感じてしまう。 数日前から母に電話したいと思っていたので会社からの…

ツマのエゴ>>>息子たち(キュー)<<<チチのエゴ

春休みは宿題がない。 宿題がないということは好きにすればいい、と自分は素直に思うのだが、ツマはそう思わないようで。 3連休が終わった後の仕事に出かける前、リビングでツマが「あんたたちは遊びすぎ!勉強しなさい!」と叫ぶのを聞いた。 自分に言わせ…

人類の希望をつぶしながら進む船

火種はほんの少し、浅草のバー?円園芸場?で見せてもらった2人の芝居だった。 でも全然憶えていない。

バベル考

ブリューゲル「バベルの塔」展を東京都美術館でやっているようで。 www.tobikan.jp ボーとその絵を見ながら考えていると、バベルの塔を建設するという記述がどこにあるのか気になって探してみた。ああ、創世記11章だったのね。 http://www.yoyoue.jpn.org/bi…

怒りの矛先を間違えない

息子たちが25日のアスレチックオフ会を拒否したからといって、息子たちが悪いわけではない。悪いのは紙様と、紙の威を借るツマだ。サタンさんごめんなさいね、紙が勝手にあなたを悪者に仕立て上げて。もしあなたが今の世界を作り上げたのなら、洪水で人類を…

下の息子の現状

元々だったが、下の息子はすぐいじける。 自分は上の息子を「にーにーは◯×〜」と言うくせに、自分が同じように言われると「やーだ!」と泣いてこたつに潜り込む。 登園拒否気味な状況は、春休みになったおかげで保留になっている。たまたま修了式の日はお見…

ちょっと交わりが浅かったような

JWにものすごい嫌悪を抱きながらもスポーツの集まりには参加している。 息子たちが行きたいとせがまなければ行かないのだが、体を動かせる機会があれば動かしたほうがいい。ツマと一緒では体がなまるだけだ。 しかし今回の集まり、いつものメンバーが少なめ…

暗躍

3月12日の晩、息子たちと宝探しごっこで遊んでいた。 宝物(ぬいぐるみ)がどこかと何気なく開けたのは息子たちの集会用リュック。 そこに何か書かれたノートがあったので見てみると、写真のような文章が書かれていた。 25日のアスレチックに参加するな、とい…

失策

どういう反応になるかあまり考えていなかったが、とりあえずダメとは言わないだろう、そうたかをくくっていた。 甘かった。 朝、25日に知り合いの主催するアスレチックに息子たちと行ってくることをツマに告げた。「知り合い」という言葉にツマのセンサーが…

登園拒否

朝。 上の息子はいつも早起きで、6時半前には起きてPCをいじっている。朝ごはんの時間までゲームをしたり動画を見たり。 下の息子は比較的起きるのが遅く、他のみんなが朝ごはんを食べようとしていても布団の中をもぞもぞして出てこなかったりする。 布団の…

突然の休日がうれしくない時

4日ほど前からのどの痛みと腹痛の症状が現れ、翌日は夕方過ぎから腹痛がきつくなってきた。仕事は休めないので薬屋で整腸剤と風邪薬のおすすめを買って帰宅中に飲んだ。 ここのところ体調が悪いのに夜ふかしはする、酒は飲む、ではよろしくない。ということ…

My Label

パソコンのファイル管理に「フォルダ」という概念がある。 PCの記憶装置(主にハードディスク)が大元で、その中に複数の大きなフォルダが存在する(システム、ライブラリ、ユーザーなど)。で、そのフォルダの中にはさらにいくつものフォルダが含まれており、そ…

楽勝人生

仕事のことでぼーと考え事をしている時に、大学時代の先輩の言葉を思い出した。 「俺の人生は楽勝人生だ〜」 魚類の研究に携わっていた先輩が、九州の水産試験場に就職が決まった頃だったと思う。 もちろん額面通りに受け取るはずがない。 やることをきっち…

なおじ家のせいきょういくはじめ

木曜日の晩、息子たちと風呂に入りながらの会話 上の息子(以降う):父ちゃん、◯◯たまってなんで2つあるの? なおじ(以降な):そりゃ1つがつぶれても使えるようにさ(未確認)。 下の息子(以降し):えー! う:◯◯たまって何に使うの? な:・・・・・(少し考え…

穴うめ

先日上の息子がドアに開いた穴をどうしようかと同僚に話したら、「パテで埋めたらどうか」と言われた。 業者に頼むことばかり考えていて、自分で修理しようと思っていなかった。確かによくDIYショップでそういうのが売っている。 よし、それならやってみよう…

節分でした

2/3は仕事が遅くなるので節分の豆まきを自宅でするのはまず無理。 それ以前にエホビアンツマがそれを容認しないだろう。 もうちょっと付け加えれば、部屋を豆でちらかす行為をツマは許さない。 幼稚園の行事を細かくチェックしているツマ。 誕生日会、クリス…

JW信者の子供たちへ(「手紙」「べっぴんさん」を観て)

機会があり、ミュージカル「手紙」という舞台を観た。 原作は東野圭吾さん(TVドラマ ガリレオシリーズの原作者)で、本は読んだことがある。 手紙 (東野圭吾) - Wikipedia 兄が殺人を犯したことで「殺人者の弟」というレッテルを貼られ、人生の様々な場面でチ…

子育て考

1月26日朝のNHKニュースに、和歌山の動物園で行われているパンダの繁殖についての取材があった。 www3.nhk.or.jp ニュースの中で興味を持ったのは、生まれた子供を親から隔離して育てるのではなく、可能な限り親に育てさせる方が、その子供も繁殖行動を行う…

キブツソンカイ

3週間ほど前の日曜日午前中に、上の息子の友達(1人)が遊びに来た。 まあ子供らだけで遊んでくれ、と自分は部屋でブログ閲覧。 しかしあの年頃(小学校3年生)の子供たち、集まったら静かでいるはずがない。 上の息子、友達、下の息子3人で次第に大騒ぎに。 騒…

読解力

AIが難関大学の試験を受けてA判定を受けた、という記事を読んだ。 その中で「AIには文章を読み取る能力が欠けている」ようなことが書いてあった。 bylines.news.yahoo.co.jp それでも難関私大にA判定になった・・・ということは、読解力がなくても大学には入…

なおじ、朝ドラにはまる

一般的な会社よりも業務開始時刻が遅いため、家を出るのは早くても8時半でいい。 朝ごはんの片付けも8時前には終えられるので、ここのところNHKの朝の連続テレビ小説を観ている。「あさがきた」から時々観ていたのだが、「とと姉ちゃん」後半からはほぼ毎日…

またまた交わってしまいました〜

日曜日の夜、JW主催のスポーツの集まりに参加した。 宗教臭のほとんどない集まり、かつ息子たちが行きたがっている、かつ自分も運動したい、ということもあり、表面上シラっと、内心ちょっと楽しみな集まり。 寒波襲来とあって、体育館はけっこう冷える。お…

パン屋と天使

あるところに小さなパン屋さんがありました。 一人暮らしのご主人が、毎日せっせとパンを作っていました。 パンはとてもおいしく、評判のお店でした。しかし評判なのはおいしいばかりでなく、ご主人がいろいろな形のパンを焼くからでした。 丸はもちろん三角…

ツマ、オットを結婚式に誘う

朝ごはんを食べていると、上の息子が「お母ちゃんが、お父ちゃんに結婚式に出て欲しいって」と言った。 その晩にツマが「エホバの証人の結婚式に参加しませんか」と言ってきた。 「行かない」と即答。 そもそも行く義理がない。 まったく見ず知らずの人の結…

初夢

1月2日の晩だから3日の明朝、夢を見た。これが初夢となるだろうか。 1つめ 何か文字の書かれたテーブルに、自分と女優の有村架純さんが隣り合って座り、誰かの話を聞いていた。どんな話を聞いていたのかは憶えていないが、架純さんと目を合わせることはなく…

明けましておめでとうございます

毎度遅い感はありますが、皆様、明けましておめでとうございます。 年末は12月11日から28日まで休みが1日しかなく、クリスマスの準備も大してできず、年賀状も25日の段階で半分も印刷できていないという状態。 それでも多少はクリスマス気分を味わおうと、20…

替え歌(赤鼻のトナカイ)

ダメダメばかりの エホバの証人は いつも世間の はずれもの でもその年の クリスマスの日 組織のおじさんは 言いました 「終わりがいつかはわからない (だから)今を楽しく 生きるべきさ」と いつも泣いてた 現役たちは 今宵こそはと 喜びました 少々遅くなり…

クリスマス周辺のなおじ家

11月くらいから息子たちのクリスマスプレゼントの希望をふにゃふにゃと聞いていた。しかしけっこう気持ちが変わってしまうもので、あまり早く買い過ぎると急に変更があった場合に困る。 エホビアンの強迫観念がどれだけ息子たちに影響を及ぼしているか、いま…

「偶然」に遭遇するために

朝日新聞から月イチで送られてくる「スタイルアサヒ」という雑誌に興味深い記事が載っていた。 映画プロデューサー、川村元気さんの「新聞活用法」 川村さんは自宅で新聞を数紙購読し、たまにその日の気分で他者の新聞も購入するんだそうな。 そうやっていろ…

ツマのカード、自分のカード

昨日の晩、自宅のドアを開けようとしたら、ドアロックがかかっていて開けられなかった。ツマが間違ってドアロックをかけてしまった模様。 インターホンを2回鳴らしてしばらくすると、ツマがドアを開けた。 怒りの感情は起こらなかった。 後で気がついた。自…