中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

完全な人間とは?

 エホビアンの言い訳のひとつに「人は完全ではないから。でもハルマゲドンの後の復活では、人間は完全な存在になるの。」という言い方がある。

さて、完全な人間とは如何なるものなのだろう。

 

「完全」1:足りないところのないこと。欠点のないこと。2:すべてに及ぶこと。(自宅の広辞苑第四版から:引用が古いかも)

だそうで。

では足りないところのない人間とはどんな人間だろう。
肉体的にいえば手足が揃っていて目鼻口があって、心臓がひとつあって、肺が左右1つずつあって(その他もろもろ)・・・というところだろうか。
精神的なところでいえば、物事に動じないとか感情が豊かだとか、誰にでも好感を持たれる、とかなのだろうか。

個人的にどうもピンとこない。完全な人間像というものが自分の中では像を結ばないのだ。そのもやーとした完全な人間というものに好意を持てるだろうか、ということを考えてしまうのだ。

「完全な人間なのだから、皆に好かれるはずだ」と考えるのは短絡的な気がする。優等生がクラスのみんなに必ず好かれていただろうか?学級委員長がクラスのみんなに必ず好かれていただろうか。容姿端麗な女性が、周りの男女すべてのあこがれの的になっていだただろうか。

むしろ若干の欠点があった方が人間らしく、好意を持てる対象になりうるのではなかろうか。

 

エホビアンが浅くイメージする完全な人間ばかりの復活世界・・・あたしゃあ住みたくない。その前に紙様を信じない男は復活する見込みがないかー。

 

ハハハハハ、復活なんぞまっぴらごめんでございます!!!

 

こいつはぼやきです。
おやすみなさい。