読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

「憎しみという贈り物はあげない」

www.asahi.com

 

朝日新聞の記事を読んだ。

先日パリで起きた大規模なテロ事件で奥様を失った男性の記事だ。

 

自分が同じ目にあったら彼のようには決してできないと思う。
喪失感・悲しみ、そして怒りと憎しみが全身を支配するだろう。

ただ、彼の言うことは個人的には正しいと思う。テロリストの求めているものは攻撃した相手の憎しみだ。相手が憎しみを抱くことでほくそ笑む。

攻撃されたことで憎しみを抱き報復すれば、テロリストの思うつぼだ。報復合戦で憎しみの連鎖が続くだけだ。その鎖を断ち切るには、苦しいかもしれないけれど、相手にやり返さないことなのだろう。

中東書記の中でイエス・キリストが「右の頬をぶたれたなら、左の頬を差し出しなさい」と言ったのは、もしかすると「報復するのは無意味だ」ということなのかもしれない。

 

テロリストだけではない。様々ないさかいが起こる中で、憎しみを相手に与えなければ改善する物事もあるのかもしれない。