中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

ひとごと

アメブロの「あなたにおすすめのブログ」がよい仕事をしてくれているようで、うまくいけば毎日10件程度のアクセス記録がある。

大した内容じゃあありませんが、少しでもお役に立つことがあればありがたいことです。

 

さて、ここのところ話題の校長先生。少し前にはくねくね曲げたマイナスドライバーに白熱灯を照らした影がヘビに見えるとの記事。

まあ子供の影絵遊びみたいなもんで、見る人によって何にでも見えちゃうかもしれない。照らす方向によっては神様の姿になるかもしれないのに。

 

中東書記の中に出てくるヘビはアダムとエバに知恵の実をすすめ、目覚めさせた。

あくまでも個人的な考えだが、ヘビは邪悪な存在などではなく、アダムとエバを覚醒させ、神と名乗る「毒になる親」から自立を促した立役者じゃあないかと思っている。
この出来事がなければ(物語上では)アダムとエバは永遠に幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし、となるんだろうが、成長してもベビーベッドから出る気にならない子供ってどうなのよ?と思いっきり突っ込みたくなるのだ。

 

校長先生、どう思いますかね?もちろん返事など来やしないでしょうが。

 

 

話題変更。

 

「あなたにおすすめのブログ」にたまたま表示されていたドロドログチョグチョダラダラのブログがどうしようもない内容なのについつい惹かれて読者登録。

かなりグチョグチョな言葉が散りばめられているので、時々運営から記事を削除される。

数日前にブログが表示できないと思ったら、ブログ自体が削除されてた。

まあしょうがないなあ、と思っていたらまた「あなたにおすすめのブログ」に同じタイトルでブログが表示されてた。

やれやれ・・・内容は相変わらず。

「グチョグチョ」→「こんなことしてていいんだろうか」→「やめたい」→「グチョグチョ」→「幸せ」→(グチョグチョに戻る)のサイクル。

 

表面上家庭生活はうまく行ってるようなのだが、個人的には「ダンナ気がついてるんじゃない?」と思っている。

 

ダンナが寝た後に抜け出して・・・だとか、仕事を早上がりして事を済ませてあわてて帰宅してご飯を作るだとか、自分がダンナならおかしいと思うけど。

 

ブログ主に今の状況を変えた方がいいなどとはとても言えないし言う気もない。むしろ決してブログに書かれることはない、未来の修羅場を想像してしまう自分がいる。

ろくでもないなあ。

 

と人のことばかりを書いた本日。たまには「聖書は実際に何を教えていますか」の記事でも書かないといかんです。