中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

静かな朝

早朝(おそらく5時頃)携帯のアラームが鳴ってツマが起きだした。

いつもより活動開始が早い。

上の息子が起きてすぐに「ご飯食べて」というツマの声。まだ朝の6時前。

普段お寝坊の下の息子が自分で起きていった。

 

昨日の晩、ベランダに洗濯物が干してあったので、何かあったのかと思ったが、何かあるから昨日の晩洗濯をしていたのだ、と合点がいった。

 

このところカレンダーにJW系の予定を書かなくなったツマ。まあJW系のことなら書いてりゃ絵でも記号でもだいたい何だか分かる。自分に知られるのがいやだからそうしているのだ。カレンダーに書かなければ当日まで気づかれない。いい策かもしれないがくだらない。

 

布団から出た自分はツマと息子に言った。

「こんなに早く起きて遊園地にでも行くんですかい?」

ツマは無言 ←想定通り。

 

本日は日本エホビアンの聖地、海老名で大会があるそうで(上の息子談)。

 

はあ、またあんた自分の悪趣味に息子を引きずっていくんですかい。

そんなら息子をお義母さんに預けて一人で出かければいいのに。

お花畑脳になってるあんたは楽しいかもしれないけど、息子たちにとっては退屈でしかない。

 

出かける前に息子たちの頭を抱いて言った。

「早く大きくなあれ」

ツマについていっても決して幸せにはなれない。だから早く自分たちで何でもできるよいうになっておくれ。おかしいと思ったことはおかしいと正直に感じておくれ。

 

そんなわけで朝8時。子供にまとわりつかれない朝は静かだがさびしい。

時間があるのでブログまで書けてしまう(笑)。