中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

ツマ、オットを結婚式に誘う

朝ごはんを食べていると、上の息子が「お母ちゃんが、お父ちゃんに結婚式に出て欲しいって」と言った。

その晩にツマが「エホバの証人の結婚式に参加しませんか」と言ってきた。

「行かない」と即答。

そもそも行く義理がない。

まったく見ず知らずの人の結婚式に行くなんぞ普通しないって。

「父ちゃんの知ってる人もいるから心配ないよ」と言うツマ。おい、新郎新婦の知り合いに会うために結婚式に行くのかい!

ツマは「父ちゃんにはぜひ見てほしいの」だと。お祝いに行くのが目的ではなく、結婚式がどんな様子かを見せるのが目的か?ますます嫌になってきた。

「一人で結婚式に参加して『あら、〇〇姉妹はお一人なんですか』と言われるのが嫌だから誘ってきてるの?」とイヤミを言ったら「そんなに警戒しないでよ」だって。

何を考えているのか分からん。いや、考えてもいないかも。誰かに「ご主人も誘ってみたら」とそそのかされて行動しているだけかもしれない。

 

1月9日(本日)、中央線沿いにある黄黒快感で行われるそうです。

 

誰かは知らぬが、紙の導きに騙されぬよう。霊的な絆など上辺に過ぎないのだから。

あえて書いておく。嫌になったら別れようね。お互いの精神衛生上悪いから(笑)。