中東書記(聖書と呼ばれる書き物)を読まない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

コソ泥まがい

10月1日朝6時半。

またツマが何も言わずに息子たちを連れ出していった。

上の息子が似合わぬエホビアンスーツを着て自分を揺り起こして「行ってくるね」だと。何も聞いてないのはいつものことだが。

 

どこに連れて行ったか検索してみたが、この時期大会なんかしてるんだろか。それとも意味のない海老名見学・・・?聖地巡礼偶像崇拝に当たらないのかねえ。

 

毎度毎度繰り返されると脱力感もあるが、無力感にもさいなまれる。そんなコソコソ行動するような宗教ならやらなきゃいいのに。さもなければ家を出て一人でやればいいのに。息子たちをドブに引っ張りこむような真似は勘弁してくれ。

 

昨日は上の息子の運動会だった。途中までしか見られなかったが、息子の楽しんでいる姿を少しでも目に入れられてよかった。

 

ホントは今朝、ごはんを食べながら運動会のことを話したかった。がんばったね、とか、あの種目は面白かったね、とか。

帰りの自転車を漕ぎながらそんなことを考えていたのに。

 

ひとり朝ご飯をかきこむ。

 

ひとりってのは自分の時間が取れるものだと実感した。

でも、大好きな相手に時間を奪われながらもそれを愛おしく思う。だからやっていけるのだ。

 

近いうちにツマに話そう。実家の母のお寺のお稚児さん行列に息子を参加させたいこと。

11/4のオフ会に行くこと。

 

どちらも拒否されるだろうけど、言わないであきらめるのもくやしい。そして何も言わないことで、ツマのエホビアン活動を認めていると息子たちに思われたくない。

 

願わくば、息子たちがツマや集会の人達に「なにかおかしい」と感じてもらいたい。