中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

くりすますぷれぜんと

11月末に、義母と義姉親子となおじ家族で動物園に行った。

帰り際に義母から「これで子供たちにプレゼントを買ってあげて」とけっこうな金額を頂いた。

いやあ、これは12月に半分、1月に半分使う、という風にしないとダメだろうなあ、と思っていた。

 

お金をもらったのを目ざとく見ていた上の息子、「次の休みにトイザらス行こう!」と勝手に決めていた。

個人的にはクリスマス付近に買えばいんじゃないの〜? と思っていたのだが、クリスマス付近に購入するものはツマのエホバセンサーに引っかかる(まあ無視すりゃいいんだけど)。今回はせっかちなお義母さんの戦略に乗ることにした。

つまり、「クリスマス付近に買わなければただのプレゼントになり、エホバセンサーにひっかからない」はず。

 

先日のケンカが効いたのか、ツマはついてこなかった。

おかげで余計なチャチャが入ることなく息子たちの欲望のままに買い物をすることができた。

上の息子は小さなドローンと、当たっても安全らしい銃を、下の息子はラジコンのロボットとベイブレード、そしてガンプラ2つを選んだ。

 

その日の晩はドローンのローターの回る音と、ロボットの動作音がずっと鳴り響いていた。正直なところやかましい。それでも息子たちが好きなものを買えたのだ。

父ちゃんサンタの出番はなさそうだけど、クリスマスあたりに何か本でも買ってあげようかなあ、と思っている。「君たちはどう生きるか」は上の息子には難しいだろう。

紀伊国屋でいい本に出会えるといいなあ。

 

 

さて、下の息子がガンプラに色を塗りたいというので、塗料を買うため会社に行く前にビックカメラに寄った。エスカレーターを降りると目の前に「Nintendoクラシック緊急入荷」の紙が・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・すいません、衝動買いしちゃいました・・・・・・・・・・

だって税込み8000円ちょっとなのに20種類の懐かしゲームができるんですぜ。

DSとかSwitchだったら本体すら買えないんですぜ。

最近の◯ァイナル◯ァンタ◯ーみたいにビデオでごまかしてるようなゲームじゃなくて、純粋にゲームが面白いんですぜ(そう書いてますがFF Ⅳ以降やったことがない)。

幻のスターフォクス2がプレイできるんですぜ。

 

 

しかし買ったはいいが、いつプレイする?

まだ年賀状のデザインも考えていないのに。

7日の職場の忘年会の準備もしてないのに(幹事長です)。

カラオケオフ会の替え歌歌集も編集してないのに。

 

そして子供の目を盗んでひそかにプレイなどできようか(いや、できない)。

 

いやホントどうしようかと思っている。

 

少なくとも正月が済んでいろいろ落ち着かないと箱は開けられない。

ああ、自分も子供と大差ない。欲望に素直すぎる。