中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

舞台『1984』

機会があって、舞台『1984』を観てきた。

 

原作を読んでいる方も多いと思うが、自分は原作を読んでいなかったため、舞台を観て初めてその内容を知った。

 

ほぼ完全な管理社会となったある世界で、一人の男が自由を求めながらも思考改造?されていく。

簡単すぎる説明だがそんな話。

 

映像を駆使した演出は、時に恐ろしく感じるくらいリアリティがあった。

 

大杉漣さんが生きていれば出演していたはずだが、大杉さんがいなくとも、この舞台は十分に世界を表現していた(大杉漣さんを卑下しているわけではないのでどうぞご容赦を)。

ちなみに今回の舞台は「付録」と呼ばれる部分も含めての上演だそうだ。

付録なしでは本来オーウェルの言いたいことが表現できないということか。

 

機会があればどうぞ皆さんも、と言いたいところだが、あいにくチケット完売の模様。

www.nntt.jac.go.jp

 

原作本を図書館に予約しているが、何人か予約が入っているようで、読めるのはまだ少し先になりそうだ。

 

おまけになるが、ヒロインを演じたともさかりえさんがとても美しかった(笑)。