中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

梅ジャム

休日。

 

自転車のシフターの調子が悪かったので近所の自転車屋に修理に出し、午後修理上がりの連絡を受けて取りに行くと、ちょうどボヤージュの下校時刻と重なった。

 

通学路に、同級生数人と寄り道しながら歩くボヤージュを発見。

一旦は通り過ぎたが、ボヤージュに発見されて戻る。

お友達たちは自転車に興味があるようで、帰宅する道のりの間、交代で荷台に乗ったりペダルに乗ったり・・・まあボヤージュのお友達なのだから、親としてできる限りのサービスはしないと!

ツマとの会話の中で「一人で帰ってきた」と聞くこともあって心配していたが、お友達と楽しく帰宅する様子が見られてちょっと安心。

 

16時過ぎ、夕ご飯の買い物にボヤージュと出かけた。

肉を買いに入った食料品屋には、完熟した梅が並んでいた。

数日前にもボヤージュにせがまれていたのだが、今日も「梅ジャム作りたい」と言ってきたので、選定はボヤージュに任せて購入することにした。

 

夕ご飯の後、梅ジャム製作に入る。

なんてことはない。梅の重量に✕0.3の砂糖を加えて煮詰めるだけ。苦味を取るならアクは取ったほうがいいかも。

ボヤージュもかき混ぜるのを手伝ってくれたが、暑さで途中リタイヤ。自分も汗をタラタラ落としながらしゃもじでホーロー鍋をかき混ぜる。

f:id:ueninaoji:20180627000832j:plain

しゃもじで鍋をかき混ぜながらボヤージュがしゃべる。小学校の授業で梅の話が出たこと、梅ジャムの話になったこと、その他梅やジャムに関わるお話。幼稚園の頃担任の先生からという話も聞いて、「やっぱり幼稚園は楽しいことがあったんだな」と感じた。

 

そして梅ジャム完成!

種の周りに味のついた果肉が残ったので、とりあえず種を取り上げて小皿に入れ、「どうぞ」とボヤージュにふるまった。

 

ボヤージュは気に入ってくれたようで、翌日も梅ジャムをパンにつけて食べていた。ヨーグルトにかけてもおいしそうだし、かき氷に乗せてもいいかも、と想像。

f:id:ueninaoji:20180627001507j:plain

 

食べ切れない種は、自分がおやつ代わりに会社に持っていった。アメみたいなもんだ。

次の休みにまだ梅が売っていたら、梅ジュースを作ってみようか。

 

夕ご飯の後は工作タイム。

本日はスライム作り。

ネットで見るとそれほど難しくなかったので、ドラッグストアで材料を購入していくつか作ってみた。

 

そして仕事に出かけ帰宅すると、スライムが増えている・・・

f:id:ueninaoji:20180627002556j:plain

自分のいない間に、息子たちが自分で作っていたらしい。

おおお、やるじゃない。そういうのは大歓迎。どんどんやってくれ。ただしこぼしたスライムはそのままにしておかないように(笑)!!!