中東書記(聖書と呼ばれる書き物)を読まない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

輸血とシートベルト

 ツマは手術のことについては謝罪したが、「血を避ける」ことについては信条を曲げる気はなかった。

「血は命です」とか2000年前の本に書かれていることを挙げては、自身は間違っていないと主張した。

そんなやり取りの中でツマが言った。

「シートベルトをするのはなぜですか?」

「命を守るため」

「そうです。私も命を守るために輸血はしません」

 

「輸血は、人間が命を守るために編み出したものだ。シートベルトも人間が命を守るために開発した。紙がアテにならないから人間が生み出したものだ。シートベルトが聖書に書いていないからシートベルトをしないやつはいないよね。輸血だってそうだろう

?」

 

ツマから反論はなかった。

 

 

所詮誰かから聞いた言葉を理解もせずに言っただけ。会衆内では何も言われないだろうが、現代世界を都合よく生きているエホビアンはボロが出やすい。