中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

用語改定2

「顕性」「潜性」の他に、「変異」や「異常」を「多様性」というようにする、ということも書いてあった。

たとえば「色覚異常」ではなく「色覚多様性」というように。

 

宗教の世界でいえば、カルト宗教は「宗教異常(異常宗教?)」ということになるのだろうか。

 

少なくとも一神教だと他の宗教を「異常宗教」呼ばわりするんだろうか。

カルト宗教となれば、周りの宗教すべてが「異常宗教」なんだろう。

 

「宗教の多様性」という書き方をすると、自らを真の宗教だと思っている団体からは「宗教は多様ではない、ただひとつだけだ!」とクレームをつけられそうだ。

 

でも、宗教の定義があって、それにあてはまればどんな宗教も「真の宗教」ということになりそうな気がする。

「真の宗教」の定義って、何なんでしょうね?

どなたかご存じですか?

 

ついでに「完全な人間」ってどんな人間かお分かりになる方、教えてくださいませんか?