中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

無情

 この時期になると、喪中はがきがとぎれとぎれに届く。

 

今日も帰宅してポストの広告と一緒にまとめて部屋に放り出し、ちょっと落ち着いたところではがきをひっくり返すと、大学時代の同級生が亡くなっていた(ダンナさんからのはがきだった)。

 

「うそだろう!」と思わずうめいてしまった。

 

彼女も自分と同じ酉年。

付き合うことはなかったが、研究室にいた頃(4回生)はお互いの研究室に遊びに行ったりしてけっこう仲良くしていた。

そして冗談だったのだろうけど、一緒に飲んだ時は「26までにいい人見つからなかったら結婚しよか」と言われていた。当時カノジョのいた自分は「はいはい」と笑っていたが、まんざら悪い気はしなかった。

その後カノジョにフラれたので、27歳になる前に彼女から連絡が来るかと思っていたら、来たのは結婚式の招待状だった。

在学中に同じサークルの男性と付き合っていて、大学を卒業してからもお付き合いが続いていたみたい。

 

結婚した後はダンナさんの働く高知に移り(大学が高知だったので)、そこで1男1女を授かった。

 

年賀状のやり取りは毎年していたので、近況はそれなりに知っていた。

しかし今年年賀状が来なかったので「もしや離婚?」と思っていたらとんでもない勘違いだった。

 

ここ数年「今年は同窓会やろうね!」という文句を常に書いていた彼女。

まだいつでもできるから今年はいいや、なんて思っていた自分。

 

落ち込んではいない、むしろ冷静だ。死を覚悟する年齢になってしまったのだと冷ややかに感じる。

 

先日は1つ上の職場の同僚が出張先でくも膜下出血で倒れた。

 

自分だっていつ同じような状況になるか分からない。

 

 

来年のどこかで同窓会をやろうかと思った。

いつでもできると思っていたら、参加できる人がどんどん欠けていく可能性がある。

亡くなったのは彼女だけではないかもしれない(クラスの全員の状況を把握しているわけではないので)。

 

生きている内に後悔しない行動を取ろうか・・・そんな風に思った11/25の晩。