中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

晴観雨読

3日間の休みはほぼ自宅で過ごした。

2日目に少し離れた知り合い宅に顔を出そうかと思ったが、ソースが体調不良気味で早退の恐れがあったため自宅で待機。

 

おかげで撮り溜めたビデオを見たり、借りてきた本を読んだり。

部屋の背後に積み上げられたゴタゴタしたものは、この休み中は無視することにする。

 

是枝監督が「万引き家族」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞した。それとは全く関係なくそういえば、と観ていたのが「そして、父になる」。

自分にはもちろんそんな経験はないのだけど、親と子供の関係を考えさせられる。

 

自分はどちらかといえばリリー・フランキー側家族の立場だろうか。そしてツマは福山側家族の福山のような立場か?

そして自分は父になれているか?なんて考えたりする。間違いなくオットになれてはいないのだが。

 

先週の「世界の哲学者に人生相談」は「幸せになるには?」がテーマだった。奉仕をするおばさま方が喰いつきそうなテーマだ。

そこではアランという哲学者の言葉が引用されていた。

 

幸せになる「発想転換力」を鍛えよう | プレジデントオンラインからの引用

 

・・・今これを書いている時、雨が降っている。瓦に雨の音がして、無数の雨樋(あまどい)が切れ目なく歌っている。空気が洗われて、まるで濾過されたみたいだ。雲は切れ切れになった華麗な衣装のようだ。こういう美しさが分かるようにならねばならない・・・

 

雨降りは嫌いじゃない。しとしと雨よりざんざん降りの方が好き。半端に濡れるくらいならずぶ濡れになったほうがまし。

 

買い物に出かけた途中で雨に振られた。大した雨じゃなかったので大して濡れなかった。

いっそゲリラ豪雨でも来ればいいのに。自分の中身も一度洗って濾過した方がよさそうだ。しかし洗ってみたら中身が何もなくなっている可能性が高い(笑)。