中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

「悪霊にさいなまれる世界」「物理学と神」を読む

ちょいとまとまった時間が取れたので、借りていた本2冊を読むことができた。

 

1冊目は、カール・セーガン著「悪霊にさいなまれる世界」。

UFOや火星に存在すると言われる遺跡、異星人、陰謀論、悪霊、ミステリーサークル、その他もろもろに、素朴な疑問というような形で「それ、妄想じゃあないですか」と問いかけたり、現実的な証拠を上げながら「(そのような存在なのに)なんでその程度なんですかね」と突っ込んでいる本、と大まかに書いてよいものか。

宗教についても記載がある。異星人と天使と何が違うのか?というような記述もあって面白い。どちらかといえば無神論派の自分にとっては興味深く読めた。

そうでない方も、「こんな考え方がある」のを知るだけでも有効ではないかと思う。

Wikipediaで調べたところ、1996年にお亡くなりになっていた。65歳とはずいぶん若い。ご冥福をお祈りします。

 

2冊目は、池内了著「物理学と神」。

科学(特に物理学)の歴史を、神にからめて解説している本と言えばいいのか。

説明がうまくないので、リンクのプレビューを参考にしていただいた方がよいかもしれない。

アリストテレスの時代から現代に至る科学の発展の中で、神がどう扱われてきたかを記載している。神の権威を立証するために行っていた研究が、神に疑問を抱く結果となったこと(天動説から地動説への変遷など)、一旦神を退けたかに思われた科学に、やはり神が必要ではないかと思われた時代(宇宙論)、そしてこれは本書を読んで初めて知ったのだが、人間原理という「宇宙がこのようにあるから、人間が存在するのだ」という、神どころか人間主体の宇宙論まで取り上げている(著者はこれを否定する姿勢でいる)。

 

「科学は『なぜ』を追求する学問でなく『どのように』を追求する学問である」という基本的な考え方がある。

『なぜ』を追求する学問は、哲学や宗教学の範疇になるのだろうか。求めているものが違う以上、宗教が科学の範囲に口出しするのはどんなもんだろう。

 

どちらもけっこう出版年は新しくないが、どちらの本も面白く読めた。

興味のある方にはぜひ読んでいただきたい。