中東書記(聖書と呼ばれる書き物)に興味のない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

しょせんこんなもの

帰宅すると、リビングにリュックが放り出されていた。

息子たちが集会に使っているリュック。

中には「イエス・真実・なんとかかんとか」という本とノート。

 

ノートにソースが書いたと思われる漢字の書き取りのようなもの。

f:id:ueninaoji:20180702000451j:plain

ノートの左端に書かれた言葉・・・ソースの本心かな。

 

もうひとつのノートはボヤージュのものだろうか。

f:id:ueninaoji:20180702000604j:plain

f:id:ueninaoji:20180702000630j:plain

f:id:ueninaoji:20180702000654j:plain

 

二人が集会中に何をやっているのか想像がつかん。

 

日曜日の朝食の後、いつものごとく自室に閉じこもるツマ。そしてツマのそばに行きたがるボヤージュ。

部屋の中からボヤージュの声が聞こえる。

「べんきょうばっかりしてないで、抱っこしてほしいなあー!」

 

小学1年生にもなってまだ抱っこをせがむのもなんだかと思ったが、そんな息子を気にかけず、集会の準備を優先するツマ。会衆では優秀な姉妹なんだろうか。

まあ答えの書いてある問題集から答えを探すのだから楽なものだ。幸せでよかったね。

でもその幸せは息子たちにとって害悪だ。自立できないダメ人間になるのを勧める宗教など、ろくなもんでない。オットの収入に依存しているツマにはそれが想像できない。

 

ある時突然「これからは自分で自分の生活費を稼いでください」と言われた時、エホバが何もしてくれないのを分かっていない。まあ契約書もないのに楽園を信じているのだからしょうがない。

 

楽園が来るまで(一生になる)自分がツマを扶養する義理はない。どこかで現実を見てもらおう。