中東書記(聖書と呼ばれる書き物)を読まない男、紙様にぼやく

本、新聞などの記事について もごもごと感想を感想を書きつつ、どこぞのカルト宗教にマインドコントロールされてしまった方々についてぼやいております。

腐ったミカンの方程式

まずは校長先生を務めた赤木春恵さんのご冥福をお祈りします。

 

3年B組金八先生」第2シーズンのエピソード

 

3年B組に転入してきた生徒のことで、転入前の中学の先生が言った言葉。

「腐ったミカンが1つ箱に入っていると、他のミカンも腐ってしまうんですよ」

 

その話を聞いた金八先生が先生に訴えた。

「あいつはミカンじゃない、人間なんだ」

 

その先も非常によい場面だったのでリンクを載せとく。

 

さて冷水をかぶって考える。

 

「腐った」という状態はどんな状態か。

食べ物でいえば「おいしく食べられない状態」「菌やカビが繁殖して、明らかに食べられない状態」ってなことか。

 

しかし、「腐った」と「食べごろ」は紙一重の関係でもある。

腐る直前の肉が一番の食べごろだったりするし、バナナの黒っぽくなった部分は熟して甘ーくなっているのだ(子供の頃は嫌がって食べなかった)。

 

だいたい「腐って食べられない」状態はあくまでも人間サマの基準であって、これらのものを好んで食べる生物は多数いる。

 

もっと突っ込んで言えば、「腐っている」という基準も人それぞれだったりする。

 

中東書紀(聖書と呼ばれる書物 新世界訳マタイ:7-17)に「良い木はみなりっぱな実を生み出し,腐った木はみな無価値な実を生み出すのです」との記述があるが、

自分に言わせれば良い(何がよい基準なのか不明だが)木だっておかしな実をつけるし、腐った木はそもそも実をつけない。実をつけるということは、その木は腐っておらず、実をつけるだけの活力を持っていることに他ならない。そして実には種がある。実をつけるのは子孫を増やすためであって、断じて無価値ではない。」

 

中東書紀の記述は、未来の可能性をつぶそうとしているように感じる。

「鳶が鷹を生む」に類似した記述は中東書紀にはないのだろうか。